2017/12/10(Mon)朝

そういえば先日「猫ラーメン」を食べてきたよ
京都へ来て早5年。ようやく出会えた謎の店。
豚骨ベース(?)の美味しいラーメン、そしてなにより美味しい空間だな〜って


もっとこういうのをちゃんとその日に日記つけるべきだよ。つはるには反省してほしい。反省しております。

 

 

昨夜、睡眠薬盛られたみたいな雑で強い眠気に襲われてしまったので、さささっとシャワー浴びてバイト行って来ます。

2017/11/25-26-27am5(Sat-Sun-Mon)

マゾヒストでもないのに自らナイフに刺されにいって痛い痛いと嘆いているような土曜日の夜を過ごしているといつの間にか月曜の朝になっている。
じわじわと傷が痛むものの、それよりも自ら刺されにいって平気な顔して取り繕った自分自身が痛くてしかたがない。

 

ああ、これがまた2ヵ月後に控えていることを考えるとずっと憂鬱だ。

2017/11/10(Fri)

前日の夜から朝まで、後輩とこたつに入って互いがどういう人間に写っているのか、それを聞いて改めて自分を問うという遊び(?)をした。

自分を言語化してまとめてあげるという行為は、自分を理解改めて理解できる反面、そこに自分の枠を作ってしまい自身が制限されるという一面もある、ような気がする。

 

思考、感情

2017/11/06(Sun)

今日例のあの子とお別れをしてきた。

と言っても、恋人から良き友人へという感じで円満後退とでも言おうか、なんにせよ、変な感じではなく、後腐れなく、良い終わり方だった。

僕が感じている距離感(物理)と、あの子が感じている距離感(物理)にギャップがあった、ということ。

いわゆる「別れ話」の数分後に、今度どこどこへ遊びに行く約束をして、解散。

たかだか1ヶ月と少し。デートへ行ったのも片手で数えられるほど。でも期間とか回数とかでは測れないほどに良い時間を過ごせたなって思う。相手もそんな風に思っていてくれたようなので素直に嬉しい。

ショックでないわけではないけど、二人の関係がそんなに変わることは無いのかなって思うし、遊びに行ってこんなに楽しい友人ができるっていうのは幸せなことだよほんとに。

 

7年前、別にこじれた訳ではなかったけど、良き友人に戻りたくても戻れなかったあのときの自分がやっと浮かばれる、そんな気がした。

過去と重ねるわけではないけど、初めて会った10年前から変わらずあの子はとてもいい子だ。

(僕の恋愛遍歴なんて興味ないだろうけど、そして、別に今までの恋愛を同一視したり比較したりする意図はない事を明記した上で)

僕は良い恋愛をする天才なのかもしれない、なんて思い上がれるくらいには相手さんに恵まれているなぁ、ってつくづく思う。 そんな一日でした。

過去を過去として精算させねば

最近になって、いろいろ過去から現在まで引っ張ってきたいろいろなことを改めて向き合って、見直して、ちゃんと過去に収める機会が多々あって、頭の中でごちゃごちゃと考えてはまとめてを繰り返して、少しずつ少しずつきちんと置いていけるようにしていっております。

 

 

僕が中学生のとき、当時高校生だった兄が友人を家に連れて来てみんなでBBQをする機会があった。兄と友人ら四人のグループに、僕が引っ付いて構ってもらう、という図。「友人の弟」というポジションもあり、とても可愛がってもらったのを凄く覚えている一人の方とは僕が大学に進んだあと、ちょこちょこと連絡を取らせて頂いていたんだけど、あとのお二人とはほぼほぼそれっきりだった。

 

高校1年生のとき、夏の体育祭でお世話になった2つ上の先輩たち、ほんたうに素敵な方たちで、写真を一緒に撮ってもらったりした。

 

そのお兄さんお姉さん方と同時に出会う機会があって、楽しくて嬉しくて、もはや当時の感覚みたいな錯覚をおぼえながら、精神年齢だだ下がりの状態でお話してしまった。

楽しいことは良いことだし、お兄さんお姉さん方は何年経ってもお兄さんお姉さん方なんだけど、僕は14〜16歳だったのが今や23歳になって、お子ちゃまお子ちゃました喜び方はいかがなものだろうか、なんて後から思ったよね。この思考がすでにお子ちゃまなのは気づいてないフリしておこう。

2017/10/19(Thu)2

そういえばピアスをあけた。

1(?)歳くらいのときからずっとあけようあけよう思っていたのに気づけば5年も経ってしまっていた。今更あけることにちょっとの抵抗はあったけど、なんだかんだであけたい欲のが勝ってしまってピアッサーでざくっと。

ちゃんとケアしてたつもりだったけど、少し膿んで痛い。辛い。痛い。
まあでもあと数ヶ月待てばファーストピアスを外せるんだ。頑張れ耳。

退路を断つためにすでにピアスは選んで買った。無駄にはさせんぞ。