はじめてのにゅういん 2日目

不安も不安な初日を超えて来たる手術日の2日目。下剤で改めて空っぽにして腰から下の半身麻酔。

30cmくらいの厚みの皮膜にぴっちり覆われた上から触れられてるのだけはわかる、みたいな感覚。熱いも痛いもなにも感じないけどゴリゴリに手術が進んでるのは部屋の雰囲気や時間の経過や聞こえてくる言葉なり届く匂いなりでなんとなく察せた。表向き「ああ、なんも感じないしこんなもんか」と振る舞っていたが内心「え?これゴリゴリ削られてんのよね?え?え?え?痛い。痛くないけど。痛いいあい」と軽くパニックだったのでただの汗なのか冷汗なのか脂汗なのかわからんがダラダラだった。昨日から心身消耗し過ぎだな、って話だけど、そんなに難しくない短い20分くらいの手術が終わるころには、まるで全身麻酔の大手術を乗り越え、目を覚ましたばかりのような弱々しい受け答えしかできなくなってた。担当医は軽率に(?)切除した患部を持ってきて僕に見せながら今回のこの毛巣瘻についての説明を改めて行った。きちんと説明があって安心だね。任せられるね。ほんの数十分前には体についてて痛かった部分が目の前にあるってヤバいのよ。あまり詳細に書くとグロすぎてアレだからアレだけど。というか、想像してたより結構とったのね.....。リラックスさせるためか隅にラジカセが置かれていて、FMの番組でミスチルのイノセントワールドが流れてたのを覚えてる。これからこの曲を聞くたびに手術のことを思い出すんだろうな。しんどいな。

 

そんなこんなで、ドラマでよくある「山田さん!聞こえますかー?」ってキャスター付きのベッドのやつで部屋まで運ばれて、船から漁港に魚を下ろすみたいに部屋のベッドに滑り移されて、2時間は麻酔が変なきき方をしないように特に頭を動かしては駄目だよ、と言われ、水も飲めず、7時から14時過ぎくらいまでかな、じっと安静にしてた。下半身の方は唯一足首を少し動かせるくらいで全く動かせなくて素直に麻酔褒めた。凄い。そのうちじゃあ寝返り打ってみましょうかってなったんだけど、無理過ぎるベッドの横の手すりに捕まって90度回転してみたけど油断すると起き上がりこぶしみたいに元の姿勢に戻る。こっちは倒れるんだけど。それで色々分泌されて興奮してたのも次第に落ち着いて、疲れて寝て起きたら足の方もまあまあ動かせるようになってた。でも歩けはしないだろうな、という感じ。そして入院前から説明を受けてたのだけど、ここらのタイミングでお小水が全く出ないとちょっと別の処置が必要になってくる可能性が出てくるんだって。もちろん歩けないし、車椅子に座らせるのも補助が必要で、トイレに移るにも補助が.....という具合。さっき自分でもわかったけど、脱力した人間ほど重いものはない。倒れて怪我するリスクは避けたいけど排尿はしたい。まあそりゃあ尿瓶だよね。あれから数日たったけど、齢25の割と柔軟なうちに、患者の恥のプライドはひとりよがり、って気付けるような経験ができて良かったんじゃないかと思う。80とかになって凝り固まったプライドでおむつは嫌だ!おれは歩ける!一人で風呂くらい入れる!!とかなると大変だし、結果できないことを突き付けられたときのショックがおおきそうだ。自分はもうすぐにでも必要とあらば、おむつもお風呂の介助も受け入れられそうだ。それはどうなのか。

 

 

2日目おわり。

はじめてのにゅういん 1日目

なんとなく"◯日目"とかわけてみたが、これを書いている現在は4日目の深夜/5日目の早朝だったりしている。0日目が投稿されてすぐに今回の1日目の投稿、お察し案件ではあるが、寝れない上に暇な結果、駄文を垂れ流すことくらいしかできることがなくなってしまった。

 

0日目からの続き、

入院日時が決まってからは幾つかの検査を受け、数日後に結果を聞きにいって、PCR検査(入院予定者は全員強制チェックが入る)を受けた。何にも引っかからず健康は健康のようで安心した。

その後、入院の説明を聞いていると、どうやらインターネット環境を無料で利用できるらしい。よくビジホで見かける、LANポート壁にあるからケーブルでパソコンと繋いでくれや、みたいなやつ。ただしケーブルは患者が持参すること、とあった。なのでケーブルもちょうどいい長さのものを新調し、なんならMacBook AirにはLANポートが無いので、USB 3.0との変換ケーブルも買った。結局、パソコンは病室で1秒たりとも起動していない。案内は半分本当で半分嘘だった。ランクの上のベッドにはそういった環境が完備されているらしいのだが、自分の寝る一番ランクの低いベッドにはその環境は用意されていないとのことだった。早々に出鼻を挫かれ、荷物の場所取り戦争で勝ち残った文庫本3冊と、電波が心許ないスマホだけが暇を潰せるアイテムとして残った。結果的には文庫も3冊まだ読み終えてはないのだが、パソコン、充電器、ケーブル類を最初から考えていなければ、重さも体積もお財布ももう少し楽ができたかと思うと悲しい。

 

1日目、緊張こそしたものの、お昼過ぎからの入院だったため、病院内施設の案内、LANポート事件、お風呂、翌日の手術の準備と追われ、タバコ吸いたい気持ちも出てこないほどには忙しかった。

ちなみに手術を円滑に行うために、除毛されたし、座薬(下剤)でお腹を空っぽにしたりした。流石に除毛されているときは情けなさで心肺停めてくれ、とも思ったけど、タオルをかけられたり配慮はあるし、座薬も自分で入れるか補助してもらうか選ばせてもらえた。自分で試してみて悪戦苦闘した後無事に入ってくれたのだが酷く心身消耗したので、翌日の手術前の座薬は看護師さんに任せることに決めたのであった。

流石に何度か診察等受けて気づいた。お医者さんも看護師も「ただの大事な患者さんとその患部」としか思ってない。それか、そうとしか思ってないように振る舞うスキルがめちゃくちゃ高い。それに加えて「それでもよ....」となってる患者に寄り添って気遣いができる。凄い。安心して相談できるし預けられる。お医者さん凄い。看護師さん凄い。担当医と担当の看護師になら、お尻はもう出せる。もう覚えた。

 

そんなこんなで激動と気付きの入院1日目、おわり。眠いし。

はじめてのにゅういん 0日目

人生で初めての入院手術を経験したのでせっかくなので何かしら残しておこうと思う。

 

実は今回の症状自体はこの数年間繰り返していた。尾骶骨あたりの皮膚の表面にニキビのような出来物ができて膿んだり治ったり。映画館の椅子に、良いように言えばリラックスして、悪いように言えばだらしなく座ったときにちょうど当たるところ。伝わって。

数年放っておいたのはいくつかの要因による。忙しかったというのもあったが、症状がなんとも地味な点。これがたぶん一番大きい。何かに当たれば痛い。まあでも別に我慢できないこともない。「ほっとけば治りそう」とか「また出来たけど、治りかけにまた何か入ったかな」とか「まあ汗かいたりするもんな」とか適当に納得していた。

ある日、と言うかごく最近、興味本位で【尾骶骨 できもの 皮膚】みたいな適当なワードで検索したところ、出てくるページがみんな口を揃えて「毛巣瘻!またの名を毛巣洞!あなた!コレ!」と。名前から察するに埋没毛かなんかがなんか悪さしてんだろうな〜みたいな風に思って詳しく見てみると「毛巣瘻!自然治癒しない!手術!切除!コレ必須」と。なんと粉瘤的な意地の悪さも持ち合わせていることが判明。幸いにもご時世的にも少し時間も取りやすくなったのもあり、早速近所の評判の良いクリニックを予約した。

 

「ネットで見て毛巣瘻?って言うんですか?それかなあと思って、手術でしか治らないとも見たのでちゃんとお医者さんに見てもらおうと思って.....」とかなんとかをソーシャルディスタンス確保のため透明のビニールのパーテーション越しのお医者さんに伝えた。お医者さんはこれまたウイルス対策なのかマイクを手に持って音声入力。キーボードは十字キーとバックスペースしか使わないようにしているようだった。心の中でお疲れ様です....と唱えているうちに「じゃ、見せてみて。ベッドに横になってズボンと下着は下ろしちゃって」とお医者さん。まあそりゃあそうだよね。肛門科だもんね。お医者さんも看護師も気にしてないのは重々承知の上だけども、重々承知なわけだけども、更衣室や温泉のようなところを除けば、家、トイレ、ホテル以外で下着を下ろすことなんて無いわけでめちゃくちゃ抵抗があった。とは言え「そ、そんな......ちょっと恥ずかしいです......」なんて診察を遅延するようなことを言うのが一番恥ずかしいと気付いていたので(!?!?)シャッシャッシャーっと言われた通りの姿勢を取り無心で次に言われるであろう「はい、大丈夫ですよー」を待った。

予想通り(?)毛巣瘻と診断を受け「じゃあ手術なんすかね〜」と聞くと「うちじゃこれの手術扱ってないし、長年ここでクリニック開いているけど、この辺りで受けてるところは僕は知らない。紹介状出すからこの病院に行ってみて」なんか想像より大事になってる.....。痔の手術はめちゃくちゃやってるっぽいのに.....。診察が終わり、紹介してもらった大きい病院のこと調べてみると、肛門科においては特に日本でも評価の高い病院とのことだった。そのままの流れで予約を取り、後日診察を受けることになった。

帰ってからいろいろ調べていると、肛門科の医院やクリニックの宣伝文句の一つに「日帰り手術」があることに気づいた。痔の手術のことなんだろうが、へぇー、日帰りで手術かー、そうなんだー、知らんけど進んでるんやろなー、まあ痔ではないけど、同じ科だし僕も日帰りかなー、日帰りがいいなー、と期待を胸にズボンを下ろして診察を受けた。「手術を受ける場合、前日入りで7日の入院ですね」「はあーい」

 

0日目終了。

 

 

 

ちなみに埋没毛だとか粉瘤だとか好き勝手言っていたのとは違い、自分の場合は患部から2cm程離れた場所から毛が刺さって、そのまま成長を続け、先天性の空洞(?)で菌とかも増えてこうなってるとのこと。手術では中で伸びている毛を空洞ごと取り除くが、位置の関係上、立ったり座ったり歩いたりで縫ったとしても上手くくっつかないらしく、縫わずに清潔を保ちながら再生するまでほったらかすという。なかなか想定外の説明を受けて血圧は下がりっぱなしだった。

個人的には関係ないとは思うけど今回は触診などもあり完全に人生のハードルを一個飛び越えた心地だった。あとは泌尿器科とか。尿道カテーテルとか。なんの話だ。

8年前くらいに処方され、残っていた精神刺激薬を処分した話。

8年前くらいに処方され、残っていた精神刺激薬を処分した話。

 

高校生当時、自律神経を崩して体が動かず学校に通えなくなっていたことがあった。
医者を変え薬を変え、今思えば胡散臭く感じるような民間療法に頼ったりもしたし、精神論根性論で殴られて悪化したりもした。

そんな感じでああでもないこうでもないと言われ続けたのちに、最後に通ったところが一番自分と相性がよかった。
処方される薬の成分は均一だけど、人それぞれ病状症状は均一ではない。薬との相性もあれば、担当医との相性もあるわけで。相性の良い病院が割と近くにあったのは運が良かった。

そんな感じで学校に通えなかったのがだんだんと2限3限からは出れるようになったり、人と話せるようになったりと気持ち的にも楽になった。保健室にはだいぶお世話になったけど。

とは言っても、薬も何回か変わったし、薬の作用がうまくはまったかと思えば思い副作用に悩まされたこともあった。
思い出深いのは、食欲不振と動悸と鼻血。
「ちょっと食欲落ちるかもね〜」と言われた言葉をそのまま真に受けて、その薬が効いているお昼の間、まったく喉を通らずにめちゃくちゃ痩せた。
授業中座っているだけなのに動悸がして測ったら120近く出るようなことが頻繁にあって、流石に集中もなにもできず保健室で休んだりした。
動悸に合わせて鼻血が出ることも多くて、あの頃は鼻血が出た瞬間、まだ血が見える前に(あ、鼻血だ)と分かるようになって、預言者みたいになっていた。懐かしい。

こんな感じの副作用を感じながらも、薬のおかげで並の高校生の生活に近づけていたことは事実......みたいな生活が続いていった。

「薬のおかげで」という言葉はずっと実感していた言葉だけど、当時と今とでは毛色が違う。違った。と思う。
当時「薬のおかげで」が限りなく「薬があれば......」に近い色を持っていたと思う。

依存に近い状態になりながらも、なんやかんやで薬の量は減っていったし、高校を卒業して大学生になって、生活の環境が変わると、ほとんど飲まずにやっていけるようになった。
それで定期検診ではないけど、帰省してとうとう「完治です」とお言葉をもらってお薬生活ともおさらば!!と一応なった。

 

まあしかし、「薬があれば」マインドになっていた自分、辛かった2年間弱を思い返して(またあの症状が出たらどうしよう.......もしものときの為にとっておこう)とか思ってしまい、なかなか処分できなかった。

結果的には、それから1錠も飲むことはなかった。なくて良かった。
(当たり前のことではありますが、医者に指示されてない期間に過去処方された薬を飲むような真似は絶対にダメ)

それから存在を忘れたり、たまに思い出したりを8年繰り返して、ふともうどうでもいいかな、と思えたのがここ最近のこと。

今遠いところから振り返れば良い思い出にはなるけど、絶対に戻りたくはないし、トラウマになりえた生活を打開するきっかけとなった小さい錠剤。
まあこの錠剤のせいで保険には制限がついたり入れなかったり、いろいろと困らされたのですが.......

そんなお守りと依存対象と必要のないゴミを足して3で割ったものを捨てるのに8年。
もう完治と言ってもらえて長いんだけど、やっと完治したのかな、という気持ちです。

 

あの薬を残していることも誰にも言ってなかったし、今更誰かに聞いてもらいたいような話でもないんだけど、どこかに吐き出したかったお話でした。

2019/07/09(tue)

自炊の話。

 

長らく自炊から離れてて、出来合いのものか外食をしていたんですけど、体型的にも健康的にも精神的にもなんかまずいな、という気がしてきて少しずつ勘を取り戻そうとしています。

 

自炊しなくなった要因に、生鮮品を扱ってるスーパーが微妙に生活圏からズレてる、というのがあって、もっぱらコンビニかドラッグストアでの買い物なんですよね。

あと前の部屋のキッチンがほど居心地の良さが無いというのもある。

 

初めからフル自炊、というのもなかなか続かなさそうなので、ドラッグストアでも買える加工食品でとりあえずやっていくこととします。

言ったら自炊でもなんでも無いです。

納豆ともずく酢はそのまんまだし、実家からの仕送りに入ってたインスタントのお味噌汁に溶き卵を入れてかきたま風にしたり、もやしと魚肉ソーセージの炒め物みたいな自炊レベル0からまたやっていきます。

 

波に乗ったらまた昔みたいにカレーの保存食作ったり、魚料理したり、していきたいですね。

 

ズボラはズボラなりにいろいろ習慣づけしなおさないと。それに伴いあすけんもまたやり始めました。

米櫃が無いので一生パン食ってるけど。

 

 

本日の夕食

・トースト

・魚肉ハンバーグと目玉焼き

・刺身こんにゃく(酢味噌)

・もずく酢

・ひきわり納豆

・かきたま味噌汁

本の感想:コンビニ人間

コンビニ人間 / 村田沙耶香

 

芥川賞を受賞した当時、目にする機会が多く「読んでみたいなあ」と思っていながら結局読まずじまいだったのですが、文庫になったとのことで。

読書、好きになって日が浅いし、読むペースも遅く、自分が好きそうなタイトルを引き当てる目も養われてないので、とりあえずこういう受賞作や文庫になったものは個人的に手に取りやいし、大きく「合わなかった......」みたいなことにもならないので自分の中で指標になってます。便利です。長々とそれっぽく書きましたが、ミーハーです、ということです。

 

 

具体的に病名が出てくるとことはないですが、発達障害アスペルガー症候群のようなカウンセリングで「治療」する「病気」の主人公。

社会の中での生きづらさを抱える一方で自分なりの解決方法や対策があり、悲観や絶望はなくまた不満を覚えることはあれど、強い反発心や敵意を露わにすることはなく、冷静に淡々と状況を把握するよう努めている。努めているというか、そういう人物。

これまで「異物」と扱われてきた経験から、周囲の環境から少しずつその成分を汲んで「『普通』の人」のフリをすることで生きやすい環境を維持して生活している。

「異物」は「多数」から「削除」される。それが「常識」の社会。でも「異物」からすればその「多数」こそが「異物」で、当たり前なんだけど。そもそも「多数」とはなんだろうね。皆頑張って肩並べて「多数」に属した気になっているだけで、「多数」も「異物」も架空の現象だなあと思いました。思ってます。同じだけど同じじゃない、そんなことみんな分かった上で、「共感」とか「同じ」とか「多数」とかを字面とはズレた現象に当てはめてる。赤子から育っていくうちになんとなーく察して、それとなーく肩を並べて、知っていってるのに、見方によっちゃ知らなくなっていってるみたいだ。赤ん坊の方がよっぽどものを知ってる。

 

そんなことを思ったりした本でした。

下書きの墓標 3番地

供養供養。

 

 

夢か 

 

どうやら夢オチが足りてないらしい

#ゆと打って出てきたものがお前に不足

つい先日「警察!!」って叫びながら飛び起きました。夢でした。

 

朝っぱらからド下ネタで申し訳ないんですけど、昨日届いたスパムからのライン、これつまりは僕が犯されるってことなんですか?

「犯させよう!」ってメッセージが送られてきたときのもの。僕が犯される側派と、寝取らせる側派と意見が分かれました。なんの話だ。

 

刈穂 気魂の辛口

常連のお姉さまと相席になったよ〜

誕生日、キョンキョンさんという方にお酒を一合頂いたときのやつ。後で文面変えてツイートしたね。

 

人の"いいね"はわりと時々「おっ💡」ってなるのでいいけど、自分の"いいね"はフォロワーのTLに表示させたくない

WA・GA・MA・MA

 

クリスマスは家族と過ごすようにしてて

今年のクリスマスイブに帰省する予定を立ててて、もし忘年会など誘われたときの言い訳を考えています。このままだと変な流れになりそう。

 

サビでみんなして手挙げてグーパーグーパーしてんのあれなんなんやろう....

ロックバンドのライブ、曲中リズムに合わせて観客が右手上げてグーパーグーパー繰り返してるの本当に意味がわからない。イソギンチャクみたいで気持ち悪いくらいある。

 

深夜だしお酒入ってるしケロっちゃう。この間飛び込みの人身事故の車両に乗り合わせたときに思ってしまったことがあって、自殺を肯定するわけでもなく、生きてればなんとでもなるよ、とも思うけど、その人が生きているうちの最期の選択として自死を選んだことを否定したくないな、と。思いを巡らせるべきは、その人があらゆる天秤をかけた結果、自死に傾けるに至った環境であって、その人が例えば「間違った選択をしてしまった」とは思いたくない、という自論。漠然と生きてて欲しかったとも思うけど、「正常な判断ができてなかった」ってあんまり思いたくない。でも生きて欲しい。人間は結局死後のことは知りえないし、辛いことがあっても生きててなんとかなったひとの経験談しか知らないかのでアレだけど、「あいつは病んでしまったばっかりに最後に最大の間違いを犯してしまった」とか思いたくない。

140字じゃ足りなくなって結局ブログに書いたね。ついでに言うと、間違いだと思う人のことを否定したいわけでもないのよ。人それぞれ信じてるものが違う。当たり前。

 

ずっとなにかしら文章の形で残したくて、高校生のときの病気の話と、小春の話、チョビの話、京都について、自殺について、それぞれ下書きに少しずつ書き溜めてるけど、全部が全部互いに影響し合っているから同じ話何回もしてしまうしダメだこれ

5万字くらいになりそう。下書きにたらふく書き溜めてる。

 

冷静に、12帖の部屋で3点セパ、キッチンも独立、南向きに広いベランダのある部屋良いな

最近、これ真冬死ぬんじゃね?ってくらい寒さに弱い造りだと気付いて怯えてる。

 

ライブを観に行く、という文化が自分の中で発生したのが高校生の頃。福岡(博多・天神)に出るのもチケットを買うのも、なけなしのお小遣いをはたいて行って、特別な行事だったなあとふと。今でもライブが特別なのは変わらないけど、もし東京近郊に生まれ育っていたら全然違う感覚でいるのかな

ライブが身近な存在になりつつある贅沢な環境。ありがたいなと思いながらずっと居座りたい。

 

乗った車両、視界に女性しか居なくて「やば、女性専用車両だったか!?」て焦ったけど隣に男の人来たので安心した。そもそも

土日も乗ってた番号の車両も女性専用にならないのでした。

 

「お腹空いたなあ」ってなって、ご飯作るなり選ぶなりしてる最中に「あれ?もしかしてそんなにお腹空いてない?」ってなって、いざ食べ始めると「あ、これ足りないかも」ってなる理不尽。

食欲を断ち切りたい。

 

ある嗜好性について批判するのも擁護するのも自由だし、どんどん主張すれば良いと思うけど、その主張で他の人の思いの方向を変えれると思っているなら思い違い甚だしいと僕は思うんだわ。

「◯◯な奴は△△するからダメ」「此方、あなたの言う◯◯ですが△△はしません。一括りにするのはやめて下さい」毎日こんなやりとり目にしてると頭がおかしくなりそうだ。

もちろん、大雑把に一括りにしてモノを言うのは違うけどね。そこを訂正させたとしても、ある人の嫌だった経験は消えないし何の解決にもならない。愚痴るのは絶対的に排他されるべきことかね。多少口が悪くなることがそんなにダメなのかね。ずっとモヤモヤしている。余裕がない。動悸がする。

◯◯が好きな人、◯◯が嫌いな人、いて当たり前。それぞれ議論するといいと思う。そもそも対立してるわけだし和解とか目標にしなくていいとも思う。けど、エモノ握りしめて殴り合うだけって、双方何がしたいんだろう、と思う。思ってる。

ハラスメントハラスメント、という言葉が出来たんだって〜

 

今やってるグループワーク、次回ミーティングのお知らせがlineにslackに何度も飛んでくる。なるほどこれがありがた迷惑ってやつか。

まじでどっちかにしてくれ。8人しかおらんのやぞ。全員どっちかにまとめられるやろ....

 

深い、って感想「何のことか俺にはサッパリ分からなかったけど、なにかしら意図したことがあるは思うし、それには重要なメッセージがあると思う。サッパリ分からんけど。サッパリ分からんけど」って読んでる

あるイラストレーターの社会問題を背景にした絵の感想が「これは深い」ばかりで怖かった。

 

同期に一人、平気で酷い女性差別的発言をするのにモテたいだの彼女欲しいだの言ってる人が居て相当に不快なんですが、当たり前みたいな顔して過ごしていて、こっちに敵意を向けられているわけじゃないのに嫌っている現状に自分が消耗しててウケる。ツラい。

今まで出会った人間の中で一番不快な発言するやつ。

 

「今日こんなことがありました😡」「うわあ最低ですね。ほんとに◯ねばいいのに」「ですよね!ほんとにわかってない....」みたいな、同じ方向向いてわざわざそこにいない対象を罵るコミュニケーション(?)苦手

Twitterでよく見かけるこれ、嫌い。

 

 

3回もやってて、下書きを読み返す機会が溜まって気付いたことは、書き殴るだけ書き殴って投稿しない愚痴の多さね。

フォロワーのTLに現れると思うと愚痴って発信しづらいものね。

このコーナー(?)はいつだかに感じた鮮度失った気持ちを冷静に振り返れるから個人的に好きなのだけど、言葉遣いがそれなりに汚くて失笑しちゃうわ。